塗料と刷毛塗り

塗料を塗る際には、古典的なハケで塗るという方法は今でも実践されており、非常に腕の良いベテランの職人などでは、自分自身が長年使っていた刷毛をお大事にしていることもあるという風に言えるわけです。様々なテクノロジーが発達してきた現代においても、昔と同じように刷毛で塗るというような方法で、きちんと仕事をこなしている人もいるということは、職人の技術力の高さを最も示しているものの一つと考えても良いでしょう。また、塗装をしっかりと行うためには、刷毛をきちんと手入れしておくということも重要であるのはもちろんのこと、品質の良い均等な毛並みが揃っている刷毛を使うことが重要だと思います。どのような塗料が刷毛を用いた塗装に適しているのかといえば、乾燥するのがゆっくりの粘度の低い塗装に適していると考えられます。一般的な考え方であれば、なるべく刷毛にたくさんの塗料をつけて一気に塗りたいという風に考えてしまいがちですが、それではうまく塗ることはできないでしょう。何よりも、上手に塗るためには少しの量を取って少しずつつけていくという風にやっていくのが重要なのではないでしょうか。一般的には、垂直な面においては、下から上に繰り返し繰り返し塗りつけていくことで、均等に塗ることができるという風に言われており、非常に広い面積などを行う場合などには、ブロックを区分するなどして、取り組むようにしておけば、良いという風に言えるのではないでしょうか。均等に塗ることは、特に難しいという風にも言えるわけですが、そのような人にとっては、ローラーを用いた方法も、昔ながらではありますが、活用してみるといいかもしれません。ローラーで塗るという方法は、刷毛と同じように繰り返し塗り込んでいくことで、非常に丁寧な仕上がりを作ることが出来るわけです。刷毛では、必要な動作が省略できるということもあって使用頻度は上がっている気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です